絵本画家の表現力に感嘆 ブラティスラヴァ世界絵本原画展 日本人画家 歴代受賞作品リスト

ブラティスラヴァ世界絵本原画展(BIB)

 

1965年にスロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで創設され、50周年の節目を迎えた、絵本画家に贈られる最も古い国際賞のひとつです。

第1回ビエンナーレは2年後の1967年に開催され、25カ国から320の作品が集まりました。これまでに100カ国、7000を超える作品に展示の機会を提供し、世界中の出版社や子どもたちの注目を集めています。

刊行された絵本から、特に芸術性の高い作品や、実験的で新鮮な表現や、独創的でユニークな作品が評価され、1点のグランプリ、5点の「金のリンゴ賞」、同じく5点の「金牌」が選出されます。その選出方法から、絵本のこれからをうかがい知ることができる賞だといえます。

 


日本人画家 歴代「グランプリ」受賞作品

 

  1. 1967年 瀬川 康男『ふしぎなたけのこ』
  2.  


  3. 1998年 中辻 悦子『よるのようちえん』
  4.  


  5. 2003年 出久根 育『あめふらし』

 


日本人画家 歴代「金のりんご賞」受賞作品

 

  1. 1969年 田島 征三『ちからたろう』
  2.  


  3. 1971年 丸木 位里、丸木 俊『日本の伝説』
  4.  


  5. 1973年 梶山 俊夫『かぜのおまつり』
  6.  


  7. 1977年 安野 光雅『あいうえおの本』
  8.  


  9. 1979年 安野 光雅『旅の絵本 2』
  10.  


  11. 1979年 谷内 こうた『のらいぬ』
  12.  


  13. 1981年 谷内 こうた『つきとあそぼう』
  14.  


  15. 1983年 藤城 清治『銀河鉄道の夜』
  16.  


  17. 1989年 瀬川 康男『清盛』(絵巻平家物語)
  18.  


  19. 1997年 梶山 俊夫『わらべうた』
  20.  


  21. 1997年 北見 隆『聖書物語』
  22.  


  23. 1999年 関屋 敏隆『オホーツクの海に生きる』
  24.  


  25. 2001年 高部 晴市『やまのじぞうさん』
  26.  


  27. 2013年 きくち ちき『しろねこくろねこ』
  28.  


  29. 2013年 はいじま のぶひこ『きこえる?』
  30.  


  31. 2015年 ミロコ マチコ『オレときいろ』
  32.  


  33. 2017年 荒井 真紀『たんぽぽ』