家族それぞれの好きなことを思いやる 赤ちゃん絵本『すきなことなあに?』

◎仕様

すきなことなあに?『すきなことなあに?』
さく/山本 直美
え/山本 美希
定価/1320円(本体1200円+税)
対象/赤ちゃんから、プレママ・パパにも
2020年4月7日発行

24Pハードカバー製本
サイズ/186×186mm
ISBN 978-4-8021-3183-4

エンブックスで買う

assocbtn_gray_amazon2


◎概要

子育て学協会とエンブックスのコラボで取り組んだ「“しあわせ家族”のつくりかた絵本」シリーズ第2弾。
今作は、「快動(かいどう)」をテーマにした赤ちゃん絵本です。快動とは、子どもが興味をもったことを繰り返す行為。お気に入りのぬいぐるみにほっぺを「すりすり」、ちょっと目を離した隙にティッシュを箱から「しゅっしゅっ」……実は、子どもはそれを「快」として心に刻んで、自分らしさを形作っています。
この絵本を読んであげたあとは「つい注意したくなる行動も、赤ちゃんの快動だと知れば、笑顔で見守るきっかけになる」と思います。
これから家族になるみんなのすきなことなあに?
「心の安定」をテーマに描いた前作『ねえねえあーそぼ』とあわせてお楽しみください。

 


◎作家プロフィール

山本 直美
日本女子大学 大学院 家政学研究科 修士課程修了。幼稚園教諭を経て、95年株式会社アイ・エス・シーを設立。NPO法人「子育て学協会」の会長でもある。自らの教育理念実践の場として保護者と子どものための教室『リトルパルズ』を開設。以来、赤ちゃんから小学校低学年までの子どもたちを育て続けている。
04年、キッザニアの立ち上げに参画。08年、NPO法人 子育て学協会を設立。09年より、リクルート社の事業所内保育園の運営を受託。発達予防学による「幼児期からのアイデンティティ教育」の実践のため、各地で子育て学関連の講演を行うほか、保育者・親子向けに様々な講座・教室を実施している。
▶ NPO法人 子育て学協会

山本 美希
マンガ作家であり筑波大学 芸術系 助教。物語を内容とする画像表現について幅広く関心を持ち、「物語と表現手法の関係」を重視しながら作品を最も魅力的にする方法を考えながら、作品制作・研究・指導に取り組んでいる。
12年、マンガ『Sunny Sunny Ann!』でデビューすると、第17回「手塚治虫文化賞 新生賞」を受賞。14年に発表した『ハウアーユー?』は、第19回「文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦作品」に選出された。18年には、フランスで開催され「マンガ界におけるカンヌ」とも呼ばれる「アングレーム国際漫画祭」の公式セレクションに『Sunny Sunny Ann!』が選ばれている。
▶ https://mikiyamamoto.myportfolio.com/

 


◎試し読み

sukinakotonani_02

sukinakotonani_03

sukinakotonani_05

sukinakotonani_06

sukinakotonani_09

 


◎読者のお便り