sailboat-ship-sailing-greenland-boat

【お知らせ】エンブックスの成長に向けて“子育てのプロ”が仲間入りしました


2020年からの目標として、具体的に計画しているのは年間出版点数を増やすことです。

絵本の出版社でいうと、だいたい年間60点ほどの出版をしているところが多いのですが、それに対してエンブックスは年間でわずか3点(少ないw)。
作りたい絵本のアイデアはいくらでも湧いてきますが、それでも実際に作家さんと創作をご一緒して本が出来上がるまではざっと1年の期間を費やすので、無理なく同時進行できるのがこれくらい。

例えば年間12点を作るとすると、いよいよメンバーの協力が必要不可欠になってきますが、その足がかりとして1月から山本直美さんに顧問をしていただくことになりました。

既刊『ねえねえあーそぼ』では作家として絵本づくりに関わっていただきましたが、そもそもはNPO法人「子育て学協会」の会長であり、幼児教育や保育園の運営を手がける株式会社アイ・エス・シーの代表でもいらっしゃいます。まさに子育てのプロ。

僕の古巣、株式会社リクルートの事業所内保育施設をプロデュースをされていたことからご縁がありまして、ありがたい関係をさらに強めていけたらと思っています。
そして、エンブックスが掲げている「親子の時間をつくる」大きなテーマの実現に向けて、勢いをつけてがんばります。

エンブックスを立ち上げたとき、“自分よりも圧倒的にすごい人に仲間になってもらう”って決めてた。


1月29日には新刊『こちょこちょこちょ』が出版されました。既刊『なでてなでて』が好評の日隈みさきさん作です。2020年の幕開けにふさわしい、明るく笑える赤ちゃん絵本になっているのでぜひ手にとって親子で大笑いしてもらえたらうれしいです。

「子育て学協会」とのコラボ絵本『ねえねえあーそぼ』(絵/山本美希)に続くシリーズ第二弾も、間もなく発表できると思います。昨年の秋頃に「遅くとも年内に出版する!」と宣言していましたが、春先の出版を予定して進行しています。こちらも今しばらく楽しみにお待ちいただけたらうれしいです。


おまけで、山本美希さんの連載漫画『かしこくて勇気ある子ども』がおもしろいのでぜひ。「まだ見ぬ我が子と自分たちの未来に、たくさんの期待と不安を抱える若い夫婦を描いた全六話」です。現在、第四話まで公開中!