繊細でみずみずしいいちごがたくさん描かれた絵本『いちご』


食べることが大好きな長女と違い、もうすぐ1歳の次女はあまり食に興味がない。

食卓の椅子に座らせても嫌がって抜け出そうとするし、ちょっと食べたらすぐに遊びたいと泣き出してしまう。困ったものだ。

一方の長女は全く逆で、ご飯を食べたくて自ら椅子によじ登るような子だった。
姉妹でこれほど違うのかとびっくりさせられる。

そんな次女に私がいつも「○○(食材)おいしいよー」を連呼していたせいなのか、ある日、長女が『いちご』という絵本を次女に見せて、「いちごおいしいのよ!」と説教たれていた。

いちごを食べると口の中でプチプチプチと音がします。何の音でしょう? いちごの苗を植えて育ててみましょう。どんな風に葉っぱは生えていますか? 絵本を見ながら自然観察をたのしめる一冊です。

色鉛筆でみずみずしく描かれたいちごが何ともおいしそうな挿絵の『いちご』。
いちごを土に植えてからの成長を追ったり、種の数を数えたり……。とにかくいちごづくしの絵本だ。読むとどうしてもいちごが食べたくなってしまう。

長女はいちごが大好きだ。次女に『いちご』の挿絵を見せながら
「ちゃんと座りなさい! いちご食べなさい!」
「よく見て! いちごケーキ(ショートケーキのこと)なのよ!」
とどなっている。

実は、次女にはまだ食べさせていないのでいちごを知らないのだ……。

当の次女はというと、お姉ちゃんに遊んでもらっていることが嬉しくて、小さな人差し指を挿絵のいちごに向けてニコニコしている。

もうすぐ次女の誕生日がくる。
小さなお母さんになりきっている長女のおかげで、もしかしたら次女がいちごを食べるかも知れない。なので、バースデーケーキには真っ赤ないちごを乗せてみようか。
仲良くケーキを食べる姉妹が目に浮かび、思わず口もとがほころんでしまいそうになる。

『いちご』

作/荒井 真紀
小学館
定価/本体1500円+税
ページ数/32ページ
2020年2月19日発行