crocodile

いろんな表現が楽しい わにが登場するおすすめ絵本 12選


『わにわにのおふろ』

文/小風さち
絵/山口マオ
定価:本体900円+税
対象:2才から

ワニのわにわにはおふろが大好き。おふろ場にやってきて、蛇口をひねってお湯を入れ、お湯につかっておもちゃで遊びます。せっけんのあぶくをとばして遊んだあとは、シャワーをマイクに歌までうたうのです! おふろから出ると、ちゃーんとタオルで体をふきます、“ぐにっぐにっぐなっぐなっ”っとね。少し不気味さの漂う木版のわにわにの、存在感、迫力感。

『わにさんどきっ はいしゃさんどきっ』

文・絵/五味太郎
定価:本体1000円+税
対象:3才から

虫歯が痛いわにさんと治療をする歯医者さん。同じ場面で同じ言葉を言います。それぞれの心理の違いを絵で表現したゆかいな絵本。

『こんにちワニ』

文/中川ひろたか
絵/村上康成
定価:本体1000円+税
対象:3才から

ことばの語尾をほんの少し変えたり、つけ足すだけでこんなに楽しくなる。「ことば」の不思議さ・自由さ・おもしろさを、ユーモアたっぷりに伝えます。決して教育的にならず、子どもの視点に立った、ことばあそびの絵本です。

『わにがわになる』

文・絵/多田ヒロシ
定価:本体1050円+税
対象:3才から

楽しい語呂合わせの傑作集。「ぱんだのきゅうしょく ぱんだ」「ばったとばった ばったりあった」など、声に出して読むとおもしろいことばがいっぱい。それぞれのことばには、ユーモラスな絵がついています。

『わにのだんす』

9784802131094
文/今井雅子
絵/島袋千栄
定価:本体1400円+税
対象:3才から

踊ることが大好きなわにが道端でダンスをして見せると、通りがかりのわにたちは喜んでお金をくれました。わにはそのお金で好きなものを買いました。味をしめたわには、場所を変えては踊り、お金を貯めて次々に好きなものを買っていきます。もっともっとと考えたわにが、最後にたどり着いた場所で見つけた、本当に欲しかったものとは? 子どもが「はじめて出会う経済の本」。モノには「価値」があること、同時に「お金で買えない価値」があることを楽しく知ることができる絵本です。

『こころやさしいワニ』

文/ルチーア・パンツィエーリ
絵/アントン・ジョナータ・フェッラーリ
訳/さとうのりか
定価:本体1500円+税
対象:幼児から

子どもが大好きで働き者のワニ。昼間は絵本に入りこみ、家族が寝ている夜中にせっせと家事をします。しかしある日、発見されて大騒ぎに。ユーモアあふれるイタリア絵本。

『ワニくんのおおきなあし』

文・絵/みやざきひろかず
定価:本体1160円+税

みんなよりウンと足の大きなワニくん。なんとか小さくしようと涙ぐましい努力をします。「かみさま あしためがさめたら あしがちいさくなっていますように……」。ねがいはとどくのでしょうか? 大きなあしのおかげでワニくんのこころのドアがそっと開きます。

『わにのスワニー』

文/中川ひろたか
絵/あべ弘士
定価:本体1400円+税

子わにのスワニーと、へんなシマフクロウのしまぶくろさん。きょうはなにして遊ぶ?



『ワニあなぼこほる』

文・絵/石井聖岳
定価:本体1300円+税

ガリガリ ボリボリ ザクザク ズドドド。あなぼこ あなぼこ あなぼこー! 「こんなに掘るとは思わなかった」。

『ちいさなワニのおうさま』

文・絵/イアン・リュック・アングルベール
訳/ゆづきかやこ
定価:本体1200円+税
対象:5才から

ちょっとなまいきなワニのおはなし。ワニをモデルにして絵をかきはじめた、わたし。でも、動いてばかりだし、なまいきなことばかりするし。最後には、王様になるって……?!

『ぼくはワニのクロッカス』

文・絵/ロジャー・デュボアザン
訳/今江祥智、島式子
定価:本体1400円+税
対象:6才から

のどかな農場に、とつぜん現れたワニのクロッカス。あひるのバーサのおかげで、大さわぎしていた動物たちも、農場のご夫婦に見つからないようにかくまってくれることになりました。でも、奥さんと仲良くなりたいクロッカスは……。

『しあわせなワニくん かんちがい レストラン』

文/神沢利子
絵/はたこうしろう
定価:本体1300円+税
対象:6才から

日曜日、モモコさんとのデートがとりやめになって、ワニくんはがっくり。そして、見知らぬおばあさんにむりやりレストランにつれていかれ……?