abc

英語で読み聞かせも タイプ別おすすめ英語絵本15選


◎はじめて触れる英語のファーストブックとしておすすめ

『メイシーちゃんのABC』

文・絵/ルーシー・カズンズ
訳/五味太郎

メイシーちゃんが、お友だちの動物たちと一緒にボートにのったり、演奏をしたり。遊びながら英語を覚える、楽しいABCの絵本。

『I Like It When…』

文・絵/Mary Murphy(メアリ・マーフィー)

ママといっしょにおさんぽ、うれしいな。ママのお手伝い、たのしいな。いっしょにあそぼ、いないいないばぁー。ママ、絵本よんで、だっこして……。大好きなママとの楽しい一日をえがく。

『Dear Zoo』

日本語タイトル/『どうぶつえんのおじさんへ』
文・絵/Rod Campbell(ロッド・キャンベル)

「どうぶつえんのおじさんへ、なにかペットをください」と手紙を書いた。そこで送ってきてくれたものは「重さに注意」と書かれた箱。中を開けてみると……。めくりしかけえほんの元祖ともいえるロングセラー絵本。

『Excuse Me!』

文・絵/Karen Katz(カレン・カッツ)

げっぷをしたり、兄弟姉妹のおもちゃをこわしたり、子どもたちはよく知っている状況におかれた登場人物を見るのが大好きになる。楽しく簡単に「お願いします」「ありがとう」を覚えられる繰り返し絵本。

『The Very Hungry Caterpillar』

日本語タイトル/『はらぺこあおむし』
文・絵/Eric Carle(エリック・カール)

日曜日の朝に生まれたちっぽけなあおむしは、おなかがぺっこぺこ。月曜日にはりんごをひとつ、火曜日にはなしをふたつ……。たくさんたくさん食べて、ふとっちょになったあおむし。さなぎになって、最後は美しいちょうちょに返信する。




◎日本語版でもおなじみのタイトルだから読み比べできる

『Harry the Dirty Dog』

日本語タイトル/『どろんこハリー』
文/Gene Zion(ジーン・ジオン)
絵/Margaret Bloy Graham(マーガレット・ブロイ・グレアム)

ハリーは、黒いぶちのある白い犬。なんでも好きだが、お風呂に入ることだけは大嫌いだった。ある日、お風呂にお湯を入れる音が聞こえてくると、ハリーは体を洗うブラシをくわえて逃げだして、ブラシを裏庭に埋め、そのまま出て行ってしまう。泥だらけになったハリーが家に戻っても誰も分かってくれない。がっかりしたハリーが、裏庭でブラシを見つけ出し、わんわん吠えると……。

『Where the Wild Things Are』

日本語タイトル/『かいじゅうたちのいるところ』
文・絵/Maurice Sendak(モーリス・センダック)

いたずらっこのマックスは、怒ったお母さんに夕飯抜きで寝室にほうり込まれた。そのうち辺りは森になり、ボートに乗って着いたところには、かいじゅうたちが。かいじゅうたちの王さまになったマックスは、みんなで一緒に踊った。かいじゅうたちを眠らせたあと、さびしくなったマックスは王さまをやめる。「行かないで」と言うかいじゅうたちを振り切って帰ったところは……。

『Swimmy』

日本語タイトル/『スイミー』
文・絵/Leo Lionni(レオ・レオニ)

小さな黒い魚スイミーは、兄弟みんながおおきな魚にのまれ、ひとりぼっちに。海を旅するうちに、さまざまなすばらしいものを見る。そして、再び、大きな魚に出会うが……。

『The Rabbits’Wedding』

日本語タイトル/『しろいうさぎとくろいうさぎ』
文・絵/Garth Williams(ガース・ウィリアムズ)

しろいうさぎとくろいうさぎは、毎日いっしょに遊んでいた。でも、くろいうさぎはときおり悲しそうな顔で考えこんでいる。心配になったしろいうさぎがたずねると「ぼく、ねがいごとをしているんだよ」と、くろいうさぎはこたえる。くろいうさぎが願っていたのは、しろいうさぎといつまでも一緒にいられることだった。

『Frog and Toad Are Friends』

日本語タイトル/『ふたりはともだち』
文・絵/Arnold Lobel(アーノルド・ローベル)

仲よしのがまくんとかえるくんを主人公にしたユーモラスな友情物語「はるがきた」「おはなし」「なくしたボタン」「すいえい」「おてがみ」の5編を収録。


◎読み聞かせの手助けになるCD付き英語絵本

『Goodnight Moon』

日本語タイトル/『おやすみなさいおつきさま』
文/Margaret Wise Brown(マーガレット・ワイズ・ブラウン)
絵/Clement G.Hurd(クレメント・ハード)

まだまだ眠りたくない子うさぎは、部屋のなかに見えるもの、窓のそとに見えるもののひとつひとつに「おやすみなさい」と語りかけ、ゆっくりと眠りについていく。英語と日本語、2カ国語で楽しめる。マザーグース(英語のわらべうた)も4曲収録。

『The Mouse’s Vest』

日本語タイトル/『ねずみくんのチョッキ』
文/なかえよしを
絵/上野紀子
英訳/Kate Klippensteen(ケイト・クリッペンスティーン)

「おかあさんが あんでくれた ぼくの チョッキ。ぴったり にあうでしょう」と得意げなねずみくん。ところが、「ちょっときせてよ」と、どんどん仲間がやってきて……。

『Ghost Tempura』

日本語タイトル/『おばけのてんぷら』
文・絵/せなけいこ
英訳/Kate Klippensteen(ケイト・クリッペンスティーン)

うさこがごきげんでてんぷらをあげていると、においにさそわれた山のおばけが、そーっとしのびこんできた。さあ、たいへん!

『CHOO CHOO』

日本語タイトル/『いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう』
文・絵/Virginia Lee Burton(バージニア・リー・バートン)
訳/むらおかはなこ

ちいさな機関車のちゅうちゅうは、いつも客車や貨車を引いて駅の間を走る。ある日ちゅうちゅうは、注目を集めたくて、ひとりで走り出してしまう。威勢よく走るちゅうちゅうに、まわりのみんなは驚き、怒り出す。日が暮れて、石炭も水も少なくなり、古い線路に迷い込んでとうとう止まってしまったちゅうちゅう。そこに迎えに来てくれたのは、最新式の汽車にのった機関士だった。

『Amy and Ken Visit Grandma』

日本語タイトル/『こんとあき』
文・絵/林明子
英訳/Peter Howlett(ピーター・ハウレット)
英訳/Richard McNamara(リチャード・マクナマラ)