幼稚園の時、夢中になったナンセンス絵本『あし にょきにょき』


僕がまだ幼稚園の年少クラスだったとき、1冊の絵本に夢中になったことがありました。
たしか、教室の本棚にあったものです。

ふとした拍子に、その絵本の記憶がよみがえってきたのですが、どうしてもそのタイトルが出てきません。
足がのびていくお話だったような……、途中、豆がでてきたような……、町全体を俯瞰でとらえたシーンがあったような……。
手がかりのなかまま、やがてまた断片的な記憶は霧の中へ。

大きなそら豆を食べたおじさんの左足が、どういうわけか、にょきにょきのびだし、家の外ヘ。林をぬけ、森をぬけ、街までのびて……。

偶然、新宿の書店で『あし にょきにょき』の表紙を見つけたとき、「これだ!」と思いました。
久しぶりに手に取って開いてみると、間違いない。実にナンセンスで奇妙なお話です。

「どんどこ どんどこ」と軽快なリズムで足が伸びていくシーンを繰り返していくところで、はっきりしました。僕はこの楽しさをカラダで覚えていたんだなあ。愉快です。

懐かしい再会によって、改めて絵本の力を知ることになりました。

『あし にょきにょき』

作/深見 春夫
岩崎書店
定価/本体1200円+税
ページ数/28ページ
1980年10月20日発行