本の取次苦境、ほころぶ流通網 出版社「作っても届かない」懸念|朝日新聞デジタル


出版不況の中、全国の書店に本を届ける取次会社が苦境に陥っている。業界最大手が昨年度決算で19年ぶりの赤字となるなど、流通構造の変化に対応が追いついていない。日本の出版文化を支えてきた流通網がほころび始めている。今年4月、ある出版社が公表した試みが業界内で話題を呼んでいる。自社の利益を削って、取次会社や書店の取り分を増やそうというのだ。

続きを読む:本の取次苦境、ほころぶ流通網 出版社「作っても届かない」懸念|朝日新聞デジタル