凸版、今期営業13%減益 出版市場低迷や原料高で|日本経済新聞


凸版印刷は12日、2019年3月期の連結営業利益が前期比13%減の455億円になる見通しだと発表した。従来予想は5%増の550億円で、一転して減益となる。出版市場の低迷が続き雑誌などの印刷が前年を下回った。食品向けなどの包装材はアジアを中心に受注を伸ばしたが、原材料価格が上昇し利益を圧迫した。

続きを読む:凸版、今期営業13%減益 出版市場低迷や原料高で|日本経済新聞