『ひともじえほん』 文字を味わう|産経ニュース


わが家の娘が幼い頃、私が絵本を読んでいると、文字の部分を指さして「ママ、ここ(を)言ってるの?」と聞いてきました。娘は、絵とともに並ぶ黒い記号のようなものが、絵と対応した言葉であることに気付いたのです。この頃から、娘はひらがなに関心を持ち、「“へ”は滑り台みたいね」「“こ”と“に”は仲良し」と、文字の形を面白がり、似ている形を見つけていきました。形と音の響きから、お気に入りの文字が生まれ、それらの文字を身の周りで見つけることを楽しみながら、文字を覚えていきました。

続きを読む:『ひともじえほん』 文字を味わう|産経ニュース

『ひともじえほん』