困窮家庭支援 学生グループ「ママカフェ」で譲り渡し 絵本・服、ニーズも浮き彫りに|毎日新聞


困窮家庭の子供らを支援する筑紫女学園大(福岡県)の学生グループ「LYKKE(リッケ)」が今春から、子育てで使わなくなった絵本や子供服を集めて困窮家庭に再利用(リユース)してもらう「セカンドハンド」に取り組んでいる。活動を通じて「子供に読み聞かせる本がなかった」「保育園の着替えの服が欲しかった」など困窮家庭が抱える具体的ニーズも浮き彫りになり、教員や福祉職を目指す学生たちの「学び」にもつながっている。

続きを読む:困窮家庭支援 学生グループ「ママカフェ」で譲り渡し 絵本・服、ニーズも浮き彫りに|毎日新聞