子供の選書に寄り添う|産経ニュース


先日、休日に地域の図書館に行ったときのことです。おじいさんと4、5歳の男の子がやってきました。児童書コーナーの入り口で、「今日は5冊な」とおじいさんが男の子に言いました。しばらくして、それぞれが5冊ずつ選んだ本を閲覧席のテーブルの上に別々に重ねて置いてから2人はじゃんけんをして、勝った方の選んだ本から交互に読み始めました。

続きを読む:子供の選書に寄り添う|産経ニュース