クリスマス商戦、知育玩具に注目 プログラミング必修で|朝日新聞


クリスマス商戦に向け、知育玩具への注目が高まっている。2020年度にプログラミング教育が小学校で始まるのを控え、「論理的思考力」を子どもにつけてほしいとの考えが親に広がっているためだ。東京都内で6日まで、流通業者向けの「クリスマスおもちゃ見本市2018」が開かれた。メーカー47社、流通問屋8社が参加。約1万点が出展され、業界関係者が「クリスマスに売りたいおもちゃ」を「ゲーム・パズル」など5部門で選んだ。

続きを読む:クリスマス商戦、知育玩具に注目 プログラミング必修で|朝日新聞

「ロジカルルートパズル」

「カードでピピッとはじめてのプログラミングカー」