「奇跡の本屋」知って 札幌「くすみ書房」邦晴さんの遺稿一冊に 体験や本への思い書きため|毎日新聞


本には人生を変え、奇跡を起こす力がある。ユニークな取り組みで道内外から注目された「くすみ書房」(2015年閉店)の経営者で、17年8月に66歳で亡くなった久住邦晴さんの遺稿などをまとめた『奇跡の本屋をつくりたい』が出版された。関係者は「若い人たちにいかに本を読んでもらうかを考え、本の魅力を伝え続けた久住さんの思いを知ってもらいたい」と願っている。

続きを読む:「奇跡の本屋」知って 札幌「くすみ書房」邦晴さんの遺稿一冊に 体験や本への思い書きため|毎日新聞

『奇跡の本屋をつくりたい』