消え始めた短冊状伝票 1年で20社が廃止、出版不況で|日本経済新聞


書籍に挟まれた短冊状の伝票が消え始めた。出版業界では「スリップ」と呼ぶが、出版不況でコスト削減などを理由に挟み込むのをやめる出版社が出てきた。書店ではPOS(販売時点情報管理)が普及し、スリップに頼らない注文・在庫管理ができるが、一部では惜しむ声も出ている。

続きを読む:消え始めた短冊状伝票 1年で20社が廃止、出版不況で|日本経済新聞