「書店は、余裕で生き残れる」|日経ビジネスオンライン


「書店はピンチだという思い込みで見られているが、余裕だ」。池袋を中心に展開する「天狼院書店」の三浦崇典代表はそう言い切った。世の中では「出版不況」が叫ばれ、書店を取り巻く環境は厳しい。出版科学研究所によれば、紙の出版物の推定販売金額は13年連続で減少した。アマゾンをはじめとするインターネット通販や電子書籍の普及にも大きな影響を受ける。そんななか、順調に拡大を続けるのが天狼院書店だ。店内にカフェを設け、「ゼミ」や「部活」といったリアルイベントを行う体験型書店として注目を集めているが、同店が売るのはあくまで「本」だという。

続きを読む:「書店は、余裕で生き残れる」|日経ビジネスオンライン