「小さな絵本館サバト」 新潟|毎日新聞


柏崎市で子供たちに絵本を読む機会を提供してきた「小さな絵本館サバト」が創設20周年を迎える。蔵書約8000冊。ボランティアで小学校で読み聞かせも行ってきた。 絵本館は、館長の宮川久子さん(87)の亡夫が経営していた産婦人科医院跡地に建つ。元々は医院の建物をそのまま利用していたが、2007年の中越沖地震で倒壊し、運営継続の危機に見舞われた。

情報源:「小さな絵本館サバト」 新潟|毎日新聞