児童雑誌「赤い鳥」創刊から100年|読売新聞


今年は、作家の鈴木三重吉が創刊した児童雑誌「赤い鳥」が出てから、100年の節目だ。大正時代に生まれ、当時の作家や詩人、劇作家などが参加したこの雑誌に関する初の総合事典『赤い鳥事典』が刊行された。1万3000円。

情報源:児童雑誌「赤い鳥」創刊から100年|読売新聞

『赤い鳥事典』