子育てはお金がかかるけど…これだけある公的支援|NIKKEI STYLE


確かに子どもを育て上げるためには1人当たり2000万円かかるともいわれるほどたくさんのお金がかかります。子どもが好きだからといって3人、4人と簡単に産める時代ではないのかもしれません。しかしながら、少子化は国にとって大きな問題ですので、政府は育児支援や教育支援に税金を投じています。私たちはこうした支援策を通じて結構なお金をもらえるのです。まず、国の制度である児童手当です。これは子どもが中学を卒業するまでもらえますが、標準世帯であれば3歳になるまで月1万5000円、3歳からは月1万円がもらえます(一定の所得以上の世帯は月5000円に減額)。これは総額で約200万円にもなる給付です。自治体によっては独自の助成制度を持っており、教育費の補助として活用できます。

情報源:子育てはお金がかかるけど…これだけある公的支援|NIKKEI STYLE