「産経児童出版文化賞」受賞作 夏休みにおすすめの絵本『よるのおと』 サイン本プレゼント|産経ニュース


男の子が池のほとりのおじいさんの家に行くために夜の道を歩いています。空は暗くなって、男の子のまわりも少しずつ闇の中に落ちていくところです。夜の闇が広がると、世界はさまざまな音に満ちていることに気がつきます。草むらで鳴く虫の声、遠くからは汽笛の音が聞こえてきます。日常のほんの数十秒ですが、音の広がりがたくさんのドラマを感じさせてくれます。産経新聞社では原作者の直筆サイン&イラスト入り本を抽選で10名様にプレゼント。

情報源:「産経児童出版文化賞」受賞作 夏休みにおすすめの絵本『よるのおと』 サイン本プレゼント|産経ニュース

▶プレゼントに応募する
応募締切日:8月20日(月)
*応募には「産経iD」の登録が必要

『よるのおと』
文・絵/たむら しげる