子供に贈るなら、どんな本を選ぶ? 親子の絆を深める5冊の絵本|朝日新聞


「母の日」「父の日」に続き、7月の第四日曜日は「親子の日」。親子が向き合い、絆を深めることを願って、2003年、米国人写真家ブルース・オズボーン氏が発起人となって生み出された記念日だ。TSUTAYAは昨年から、本を介して親子がつながる新たな習慣づくりを提案している。そのキャンペーンに他の書店や出版社も加わり、今年は7月1日~22日の期間中、全国の約900書店で出版社、書店、書店員らが選んだ“子供に贈りたいオススメ本”が陳列される。今回は、作詞家いしわたり淳治さんに「子供に贈りたい本のオススメ」というテーマで選書してもらった。

情報源:子供に贈るなら、どんな本を選ぶ? 親子の絆を深める5冊の絵本|朝日新聞