岩手県立図書館で「絵本の病院」 大切な本を長く楽しむために|盛岡経済新聞


岩手県立図書館で19日、絵本の修理を行う「絵本の病院」が開催される。表紙が破れたりページが取れたりするなど壊れてしまった絵本を、児童コーナーで受け付ける。図書館スタッフが本の「お医者さん」となり、状態に合わせて専用の接着剤などを使って修理をしていく。修理の受け付けは1人1冊までで、仕掛け絵本は対象外。

情報源:岩手県立図書館で「絵本の病院」 大切な本を長く楽しむために|盛岡経済新聞

繰り返し楽しんだ大事な絵本ほど壊れてしまう場合が多いので、子どもにとってはうれしい企画。