bulldozer

はたらくくるまがかっこいい絵本14選


『しょうぼうじどうしゃじぷた』

文/渡辺茂男
絵/山本忠敬

高いビルにはしごをのばして火を消すことのできる、はしご車ののっぽくん。たくさんの水で激しい炎も消すことのできる高圧車のばんぷくん。けが人を運んで助ける救急車のいちもくさん。大きくて立派な働きをするみんなは、いつも小さな消防自動車じぷたを「ちびっこ」あつかいしていた。でも、道がせまい山の中で火事がおこったとき、出動を命じられたのはなんとじぷただった。

『かじだ、しゅつどう』

文・絵/山本忠敬

ビー。消防署のブザーが鳴った。「火事だ、出動」。サイレンをならしながらハシゴ車と救急車は火事場へ急ぐ。消防車の働きを生き生きと描く。

『とどくかな』

文・絵/三浦太郎

クレーン車や消防車など、人や物を高い所に運びあげる車たちが登場。「とどくかな」「とどいた!」のくりかえしが楽しい幼児絵本。

『おさるのジョージ しょうぼうしゃにのる』

文/マーガレット・レイ、ハンス・アウグスト・レイ
絵/アンナ・グロスニクル・ハインズ
訳/福本友美子

ジョージはきいろいぼうしのおじさんといっしょに、消防署の見学にいった。すると、ほんものの火事が発生! ジョージも消防車にとびのって出動する。

『ブルドーザとなかまたち』

文・絵/山本忠敬

工事現場で、土を削ったり掘ったりして働く、ブルドーザ、パワーショベル、ショベルローダなど、さまざまな車の仕事ぶりを、力強い絵で紹介する。

『まかせとけ』

文・絵/三浦太郎

パワーショベルとダンプカーなど、協力しながら働く車たちを描く。「運んでください」「まかせとけ」のくり返しが楽しい幼児絵本。

『ブルくん ダンプくん』

文・絵/谷真介

ダンプ君とブル君は、互いに負けず嫌いで、力自慢をしあってゆずらない。巧みに乗り物の機能をみせながら、愉快な変身ごっごを描く。

『のろまなローラー』

文/小出正吾
絵/山本忠敬

ローラーが、重い車をごろごろ転がしながら道をなおしていると、トラックが邪魔だと叱りながら追い越していった。次は、黒いリムジンがローラーをわらいながら追い越していく。小型自動車にもバカにされたローラーだが、道を直していくと、さっきのトラックがパンクで困ってため息をついている。

『とらっく とらっく とらっく』

文/渡辺茂男
絵/山本忠敬

港で荷物を積んだトラックが遠い町めざして走る。高速道路では乗用車や観光バスに、工事現場ではダンプカーやローラーに出会う。やがてタンクローリーを追い越してぐんぐんスピードをあげていったら、「しまった! 」白バイに止められた。日が暮れて、山を越え、もうすぐ終点の大きな町。スピード感あふれる車の絵本。

『まちではたらくくるま』

文・絵/こわせもりやす

車の「前面」「背面」、そして「横面」をばっちり見られるシリーズ。町でくらしを支えてくれている車たちが大集合。こまかく描きこまれた絵で、その車を使って働く人たちのようすもしっかりわかる。

『ピン・ポン・バス』

文/竹下文子
絵/鈴木まもる

駅前を出発したバスは、いろんな停留所でピンポンとなって止まる。少し田舎町ののどかなバスの旅が楽しい絵本。

『おはよう! しゅうしゅうしゃ』

文/竹下文子
絵/鈴木まもる

朝早く、ビルのゴミ置き場にからすがやってきた。そのとき、角を曲がってやってきたのは、ゴミを集めにきた収集車。おじさんたちは、手早く収集車の後ろに袋を入れていく。ごみはきれいにかたづいて、次の場所へ移動する。いっぱいになったら、焼却場へ。

『ひこうじょうのじどうしゃ』

文・絵/山本忠敬

飛行場ではさまざまな自動車が活躍している。タラップのついたステップ車、荷物を積みこむベルト・ローダなど、飛行場で働く自動車とその役割を正確で力強い絵で紹介する。

『あかいじどうしゃ よんまるさん』

文・絵/堀川真

若夫婦がやむなく手放した古い赤い自動車「よんまるさん」。ある日、工場に連れて行かれ、解体されるが、トラックに生まれ変わり元気に働くことができるようになる。