アムステルダム

【vol.1】アムステルダム公共図書館レポート


旅のはじまりは雨に濡れながら

今から8年前、2度目に訪れたオランダのアムステルダムは、どしゃ降りの雨でした。

到着間もなく、アムステルダム公共図書館訪問のアポイントがあったので、駆け足でタクシー乗り場へ向かい
「図書館までお願いします」
というと
「それなら近いから歩いた方が早いよ、駅のあっち側」
と、指をさしてやんわり乗車拒否。傘持ってないのに。

嫌な予感は的中するもので、運転手さんはすぐ近くといったけれど、知らない国だし、当時はスマホもなくて、なかなか図書館が見つかりません。びちゃびちゃに濡れながら、スーツケースを引きずってたどり着いた頃には、アポイントの時間をとうに過ぎていました。

すっかり落ち込んだ僕の気持ちを吹き飛ばしてくれた図書館

ams1_02

入口ではシロクマのぬいぐるみが、うらやましいくらい乾いた毛並みで迎えてくれました。
アムステルダムにある公共図書館は、去年(2007年)の7月にオープンしたばかり。外観はまるで美術館です。総面積は、ヨーロッパ最大規模(当時)の広さを誇ります。

ams1_03

ams1_04

1階には児童書コーナーがあります。まず児童書の数におどろいて、そのあとインテリアのセンスにおどろきます。快適すぎる! ソファの真ん中で寝っ転がって、天井の写真を撮っている大人がいるくらい。わかります、その気持ち。

ams1_05

ams1_06

子どもにとっては、まさに本のお城でしょう。少々騒いだってなんてことありません。日本だと声を出すのもためらうことがあるのに。

オランダの子どもたちに人気の絵本

ams1_07

ams1_07b

図書館員にいくつか人気の本を紹介してもらいました。どれも見ていて楽しい気分になる絵本ばかりです。作品を選び抜く子どもの目に狂いはありませんね。

ams1_08

中にはこんな大きな絵本もありました。どうやってめくるのでしょうか。そのまま絵本の世界に飛び込めそうです。

本の角のくたびれた感じを見ると、じわじわ嬉しい気持ちになります。滞在10分で、すっかりアムステルダム公共図書館の気持ちよさに魅了されました。雨のアンラッキーからの逆転ハッピー。