【プレスリリース】エンブックスのオンデマンド絵本は選べる製本3タイプ


好みで選べる製本3タイプ! 「在庫リスクなし」の21世紀型エコ出版モデルを実現したエンブックス

絵本の版元エンブックス(代表:西川季岐/にしかわとしみつ 事業所:東京都豊島区)は、6月20日(木)より、大日本印刷株式会社(本社:東京都新宿区)協力のもと、独自POD(Print On Demand )体制を整えます。

「受注生産」によって在庫リスクをなくすと同時に、これまでは高い生産コストがネックになっていた「同タイトルで複数タイプの製本」を実現。読者の好みやライフスタイルに応じて「ハードカバー」「ペーパーバック」「デジタル」の最大3タイプから選択できるようになります。

新体制での作品第一弾は、「2013年度 ボローニャ国際絵本原画展」でSM国際出版賞(Fundación SM International Award for Illustration)を受賞した刀根里衣(とねさとえ)さんの国内デビュー作『トトとココのパーティー』。この賞は、35歳以下の入選者から選出される「世界一」の栄誉(日本人初の快挙!)で、その高い芸術性はすでに世界のお墨付きです。A5判ペーパーバック(148×210mm)なら850円(税込)と、手にとりやすい価格になっています。

ひとまわり大きなA4変形判ハードカバー(200×264mm)は、2400円(税込)と、やや割高な印象ですが、「受注生産」ならではのメリットを活かし、希望者にはオリジナルメッセージを印刷できる無料オプションをご利用いただけます。ペーパーバックにはないトビラ絵も魅力のハードカバーは、お子様への特別なギフトとしてもオススメです。

今後は、既刊のハードカバー化も決定。また、年内刊行に向けて、新作の制作もすでに進行中です。新体制のもと、これまで以上に絵本づくりを加速させ、エンブックスの「エン」に願いを込めた、こどもと絵本の「縁」を、たくさん創り出していきたいと考えています。これからのエンブックスにますますご注目ください。