大型絵本の迫力で絵本の世界に引き込む|中日新聞


最大で高さが1.2メートルある読み聞かせ用の大型絵本が、氷見市立図書館で展示されている。滑川市出身の女優室井滋さん作の『しげちゃん』やクリスマスにぴったりの『ふゆのよるのおくりもの』など人気絵本を集めた。縦長で最大の『100かいだてのいえ』は、空高く建てられた家の雰囲気を伝え、一階ずつ上っていく主人公の気持ちが感じられる。

情報源:大型絵本の迫力で絵本の世界に引き込む|中日新聞

1.2メートルだと子どもよりも大きいもんね。複数の子どもたち向けに読んで聞かせるなら、もってこいの大型絵本。こういう機会に存分に楽しんで欲しい。