1972_01-470x313

手から手へ、子どもたちに手渡した200号|こどものとも創刊60周年


1956年4月、世界ではじめての月刊物語絵本として刊行された「こどものとも」は、1972年の11月号で、創刊200号をむかえた。その記念すべき作品が、堀内誠一さんによる『てがみのえほん』だ。200号のお祝いに、まほうの国のオズの森に住むよい魔女グリンダや、巨人国おそろし山に住むトロル、透明人間や、サーカス団のどうぶつたちなど、さまざまな生きものたちから手紙が届く。

情報源:手から手へ、子どもたちに手渡した200号|こどものとも創刊60周年

『てがみのえほん』
文・絵/堀内誠一