子ども 37年連続減 14歳以下1553万人|日本経済新聞


総務省は4日、「こどもの日」を前に4月1日時点の子どもの人数を推計した。外国人を含めた14歳以下の人口は1553万人と前年より17万人減り、過去最少を更新した。減少は37年連続。総人口に占める割合も12.3%と同0.1ポイント下がり、44年連続の低下で過去最低を更新した。少子化の流れに歯止めがかかっていない現状が浮き彫りになった。

情報源|子ども 37年連続減 14歳以下1553万人|日本経済新聞