三鷹で「縁日」 創作や読み聞かせ|東京新聞


三鷹市大沢の国立天文台三鷹キャンパスの一角にある市の施設「星と森と絵本の家」で18日、年に一度の「絵本縁日」が開かれ、900人を超える人出でにぎわった。読み聞かせや創作絵本のグループなど、市内外で活動する20団体が参加、子どもたちに絵本や物語の魅力を伝えた。

情報源:三鷹で「縁日」 創作や読み聞かせ|東京新聞