講談社の稼ぎ頭 漫画本に減速感|日本経済新聞


講談社は20日、2017年11月期の単独決算を発表した。売上高は前年同期比0.6%増の1179億円、純利益は35.6%減の17億円だった。稼ぎ頭の漫画はデジタル分野が大きく伸びたが、利幅の大きい単行本などの売上高が1割近く減少、苦戦が続く雑誌などを補えなかった。デジタル分野の売上高は9割を占める漫画の販売が好調で、42%増の249億円だった。書籍の売上高176億円を大幅に上回った。

情報源: