科学が証明 手を動かしながら考えると子どもの創造性が伸びる|ライフハッカー


9歳から11歳までの子ども78人に、空き缶や新聞紙といった日用品の利用法を挙げさせるという、心理学研究において創造性を測定するための標準検査の実験をした結果、身振り手振りの多い子どもほど、創造的なアイデアを数多く思いつく、という研究結果が「Psychological Science」誌で発表された。

情報源:科学が証明 手を動かしながら考えると子どもの創造性が伸びる|ライフハッカー

これからは、ひっきりなしに動いている甥っ子を微笑ましく見ていられそうです。