似ていることの喜び|産経ニュース


福音館書店から刊行された『しろねこしろちゃん』は、子供にとって自分が大好きな親と似ていることに安心感や喜びを抱き、その感情経験が子供のアイデンティティーを育んでいくことを教えてくれる。4歳のKちゃんは読んでもらった後、すぐ先生のもとに行き、自分の頬のホクロを指さしながら「パパと同じなの」とうれしそうに話した。

情報源:似ていることの喜び|産経ニュース

真っ黒なお母さんネコから、生まれた白ネコのお話。自分が自分であることの意味。

『しろねこしろちゃん』
文/森佐智子
絵/MAYA MAXX