170129_asobi_img01

子どもと遊ぶことに疲れたら? 「キッザニア東京」遊びのノウハウ|ママテナ


子どもとの遊びでママからよく聞く悩みは、バリエーションが少ない事だという。しかし「1つ2つあれば十分」とキッザニア東京の創業に携わったしみずさんは言う。児童館や育児サークルに行き、得意な人に頼るのも手だ。一方で、つい頼りがちな「スマホ遊び」は、受け身ツールにならないように注意したい。

情報源:子どもと遊ぶことに疲れたら? 「キッザニア東京」遊びのノウハウ|ママテナ

確かに子どもにスマホを渡すと「受け身」なんですよね。反対に、一緒に遊んでいるときは「次はあれして」「こんなポーズして」と想像力フル回転で注文がとまりません。どっちが良いかは言わずもがな。親は大変ですけどね。すっきりしたアドバイスもあって良い記事。