栃木県が子ども食堂立ち上げ 子どもの貧困対策を強化|朝日新聞


貧困家庭の子どもを支援するため、県は新年度から「子どもの居場所づくりサポート事業」を始める。子どもが一人でも気軽に食事を採ることができる、いわゆる「子ども食堂」の役割を果たす施設について、新規に数カ所の立ち上げを支援する。厚生労働省の2012年の発表によると、子どもの貧困率は過去最高の16.3%。

情報源:栃木県が子ども食堂立ち上げ 子どもの貧困対策を強化|朝日新聞

先日のエンブックス定例会議でも話題になった「子ども食堂」。貧困だけでなく、親子コミュニケーション不足を抱える子どもにとっての居場所にもなりえますよね。普通に食卓で食事ができることこそ「食育」の本質だと思います。