lif1701200014-p1

子どもと大人がともに「読み聴く」 絵本は双方向の営み|産経ニュース


カステラができあがった場面で、4歳のS君は、森に集まった皆にカステラが行き渡っているか、オオカミの肩に乗る小鳥にまで目を向け確かめました。子どもは客観的に絵を見ているのではなく、登場人物に共感し、想像力を働かせ、お話の中で遊んでいる。大人は子どもの絵本や世界との出合い方や捉え方に「はっ」とさせられます。

情報源:子どもと大人がともに「読み聴く」 絵本は双方向の営み|産経ニュース

例にあがった『ぐりとぐら』だけでなく、優れた絵本が親子コミュニケーションのツールである理由がここに書かれています。読んで欲しい記事。

『ぐりとぐら』
文/なかがわりえこ
絵/おおむらゆりこ