楽天コボ、ドイツの電子書店システムを買収 数十億円で|日本経済新聞


楽天子会社で電子書籍事業の楽天コボは通信会社のドイツテレコムから電子書店システムの事業を買収すると発表した。金額は数十億円で、ドイツの書店が共同で運営する電子書籍サービス「トリノ」のシステム開発を担う。コボはドイツ語圏で有名な同サービスの知見を得て海外事業の強化につなげる狙い。

情報源:楽天コボ、ドイツの電子書店システムを買収 数十億円で|日本経済新聞

ひとくくりに電子書籍といっても、アマゾンの「キンドル」を筆頭にシェアの奪い合いが落ち着きませんね。その点、紙はやっぱり優れていて、世界中のどこで買っても「本」は「本」。