snoo

赤ちゃんがエアコン制御 快眠・健康はIoTで|日本経済新聞


IoT(モノのインターネット化)製品やロボットの開発が進み、赤ちゃんの生活がテクノロジーによって変わりつつある。新世代モニターカメラ「Cocoon Cam」や、ウエアラブルデバイス「Mimo」は、呼吸や体温、体勢、睡眠中といった身体の状況をスマホで確認できる。スマートゆりかご「snoo」は、赤ちゃんが泣くと、その状況に合わせた音を聞かせるというのが面白い。

情報源:赤ちゃんがエアコン制御 快眠・健康はIoTで|日本経済新聞

「便利だなと感じる半面、ちょっとした不信感や不安が残るのは事実だ」というのが本音ですよね。