赤ちゃんと絵本楽しむ 深谷市でブックスタート事業|東京新聞


深谷市立図書館は3月から、市のキャラクター「ふっかちゃん」の人気にあやかり、赤ちゃんと母親らに絵本を楽しむ機会を贈る「ブックスタート」事業に乗りだす。市の絵本コンテストで最優秀作品に選ばれた『ふっかちゃんとあそぼ』を製本し、生後4カ月健診時にプレゼントする。絵本は一般向けにも販売する予定。

情報源:赤ちゃんと絵本楽しむ 深谷市でブックスタート事業|東京新聞

絵本の文を担当した小暮さんは元保育士だそう。ブックスタートはイギリスではじまった取り組みで、日本には2000年から広がっています。