絵本革命起きた! 10万部超すヒット続々|日本経済新聞


絵本市場に革命が起きていた。不況にあえぐ出版業界で、短期間で10万部以上を売る大ヒット作品が続々と登場し、市場が伸びている。しかもママの死など型破りな設定で、大人も子どもと一緒に笑ったり泣いたりしてしまう絵本が売れている。少子化にもかかわらず、絵本市場は15年に309億円と14年比で6.6%伸びた。

情報源:絵本革命起きた! 10万部超すヒット続々|日本経済新聞

この流れで新しいロングセラーにつながっていけば、本当に絵本市場の革命。良いね!

『ママがおばけになっちゃった!』
文・絵/のぶみ

『このあと どうしちゃおう』
文・絵/ヨシタケシンスケ

『ぼくのにゃんた』
文・絵/鈴木康広

『あかちゃん』
文・絵/tupera tupera

『ノラネコぐんだん そらをとぶ』
文・絵/工藤ノリコ