g_tp_20170121-3

朝ごはん食べよう 歌、踊りで食育|読売新聞


子どもたちに朝ごはんの大切さを伝えようと、青森中央短大の学生9人が21日、市内のスーパーを訪れ、食育のためのオリジナルの歌と踊りや紙芝居を披露した。幼児保育学科の前田教授が作詞、作曲した歌「あさごはんブルース」に合わせて学生たちが振り付けを考案したもの。集まった子どもたちも一緒に踊った。

情報源:朝ごはん食べよう 歌、踊りで食育|読売新聞

絵本と同じように、歌や踊りも楽しく伝える手段のひとつ。良いね、見ていると元気になる。