子育て経験がない「欠如」を体験したから分かることがある 落合恵子さんインタビュー|朝日新聞


東京・表参道の子どもの本の専門店「クレヨンハウス」が今月40周年を迎えた。文化放送のアナウンサーだった落合恵子さんのモットーである「ないなら作る!」の出発点だ。当時は、子どもが「座り読み」できる書店は珍しく、「本が汚れるし、絵本はすぐ読めるから売れなくなる」と大反対にあったという。

情報源:子育て経験がない「欠如」を体験したから分かることがある 落合恵子さんインタビュー|朝日新聞

僕も、子どもがいないのに絵本を作っているの? と言われて傷ついたことがあります。勇気をもらいつつ、これから子どもができたら絵本づくりの視点がまた変わる楽しみも。

▶クレヨンハウス