人口10万人あたりの図書館数No.1は、3年連続で高知県|時事ドットコム


NTTタウンページ株式会社が図書館に関するランキングを発表した。人口約10万人当たりの登録件数では、高知県が1位で6.23件、2位は富山県となった。高知県は、まだ東京や京都にしか図書館が無かった明治12年に、県立図書館が創設されている。2018年開館予定の図書館を含めた複合施設「オーテピア」は、全国に先駆け県と市の一体的整備運営で注目を浴びる。

情報源:人口10万人あたりの図書館数No.1は、3年連続で高知県|時事ドットコム

図書館に関するいろんなランキングが発表されていますね。2位の富山県には、日本一子どもの割合が多い村があるそう。