第28回読書感想画中央コンクール いびつでも想像でも 絵本作家ミロコマチコさんが語る|毎日新聞


絵だから見たままでなくてもいい。作品は私を通ってくるものだから、いびつでも、それらしく見えるんじゃないか。観察する作業は、その被写体を体に入れる感じ。「ここはこういうシマシマか、このスジは縦になっているのか」なんて感動すると、理解している気になる。そうして描いていると、自分自身に染み込んでくるような気がしてうれしい。

情報源:第28回読書感想画中央コンクール いびつでも想像でも 絵本作家ミロコマチコさんが語る|毎日新聞

▶読書感想画中央コンクール
問い合わせ:毎日新聞社
TEL:03-6265-6816