帰ってきた清流 現実が絵本に追いつく|日本経済新聞


1950年代半ば、絵本作家の加古里子は東京・水道橋にある福音館書店の一室で、編集長の松居直(後の社長)と向かい合っていた。それまで絵本を描いた経験はない。一介のサラリーマンだった加古は、とりあえず童話でも描かされるものと思っていた。ところが、松居から予想もしない要請を受ける。「今の時代に合うような、大きなテーマの作品を描いてください」。

情報源:帰ってきた清流 現実が絵本に追いつく|日本経済新聞

『だむのおじさんたち』