いまいあやのさんインタビュー 日本画出身の絵本作家|朝日新聞


猫を描きたくて主人公に選び、靴を履かせてみたら、たくさん靴を描きたくなった。それで飼い主を靴屋にした。動物を作品で取りあげることが多いが、毛の1本1本を描きたいと思いながら作品づくりをしている。次はどんな色にしようかなどと苦しんでいる時間は長い。でも方向性が見えるとわくわくする。ディテールは絵に説得力を持たせられると思う。ただ、話の説明になっていたらつまらない。絵が物語を語っているかどうかを意識している。

情報源:いまいあやのさんインタビュー 日本画出身の絵本作家|朝日新聞

『くつやのねこ』