大日本印刷、AIで本の需要予測 配本精度の向上や返品率の改善へ|日本経済新聞


大日本印刷は人工知能(AI)に書籍の売れ行きを予測させるシステムを開発した。足元の販売状況や購入者の属性などを分析し、3カ月後までの需要を書店ごとに予測する。出版社の在庫の回転率を1割以上改善することができるという。

情報源:大日本印刷、AIで本の需要予測 配本精度の向上や返品率の改善へ|日本経済新聞