170311-G

駒ケ根産ゴマ 保育、幼稚園給食で提供|長野日報


駒ケ根市は10日、特産化を目指す「信州ごま」を使った給食を市内の保育園や幼稚園計7施設で提供した。園児たちは、ゆでた野菜と煎りごま、すりごまを混ぜ合わせた「野菜のごまあえ」を保育士によそってもらい食べた。男の子は「野菜嫌いだけど、ごまあえはおいしかった」と笑顔を見せた。

情報源:駒ケ根産ゴマ 保育、幼稚園給食で提供|長野日報

嫌いなものが好きになるきっかけって、こういう「特別感の魔法」だったりしますよね。