AS20170808001615_comm

ふるさとの夏 長崎・大村の海を描いた絵本『だいちゃんとうみ』|朝日新聞


『だいちゃんとうみ』は、長崎県大村町で生まれ育った著者・太田大八さんが、大村湾の夏の一日を描いた絵本だ。ページいっぱいに広がる風景からは、だいちゃんが肌で感じた、夏の海の一日が伝わってくる。海が近くにない子どもたちにとっては、どの場面も魅力的なようで、小さな子も小学生も引き込まれるようにお話に耳をすませる。

情報源:ふるさとの夏 長崎・大村の海を描いた絵本『だいちゃんとうみ』|朝日新聞

個人的にも今年は縁のある長崎県。お盆に読みたい1冊。

『だいちゃんとうみ』
文・絵/太田大八