農場に園児の歓声響く 県農高でイチゴ狩り体験|神戸新聞


兵庫県立農業高校の農場で16日、保育園児16人が、同校生徒の育てたイチゴ狩りを体験した。生徒の地域貢献などを目的に同校が毎年、親子連れらを招いている。この日は2~5歳の園児が、ペアになった農業科の3年生と一緒に熟した実を探した。農場には歓声が響き、子どもたちはパックいっぱいに実を収穫した。

情報源:農場に園児の歓声響く 県農高でイチゴ狩り体験|神戸新聞

イチゴは「狩り」、イモは「掘り」、栗は「拾い」。