認可保育施設、23区の入所倍率1.61倍 依然狭き門|朝日新聞


4月からの認可保育施設の入所を申し込んだ0~2歳児の人数が、東京23区で受け入れ枠を約2万人上回ったことが朝日新聞社の調査でわかった。回答した21区の入所倍率は1.61倍。受け皿の整備が進んで前年の1.71倍よりやや改善したが、保育需要の高まりから依然、狭き門となっている。

情報源:認可保育施設、23区の入所倍率1.61倍 依然狭き門|朝日新聞

全国の36%を占める東京都の待機児童数は8500人程度。ところが、認可保育施設だけを見れば2万人オーバー。実態は全然足りないということ。